ライフイズグッドな日々

カナダの山奥で暮らしながらApple製品や生活のこと、趣味、ニュースやネット、ノマド的な情報などなんでも書いてます。

夢の田舎暮らし!?

      2015/11/21

(c)kluane

(c)kluane

くるーあん一家はカナダの山奥の小さな小さな町で暮らしています。

 

都会で人混みに揉まれながら自らの身を粉にして働いていたかつての自分からすれば、もしくは現在そんな環境にある方からみれば、カナダの山奥の小さな町で暮らすくるーあん家族は夢の暮らしをしているように思えるでしょうね。

 

ある意味は当たっています。でも、半分は違うかな?

 

そんなわけで今日はここでの暮らしの一部でもご紹介できればいいなと思います。

 

 どんなところなの?

日本から太平洋を挟んでカナダの西海岸。その入り口となる大都市バンクーバーから内陸部へ向かって北に車を走らせること6時間、片側一車線が続く街道沿いに馬や牛、もしくはクマやシカたちを人間よりも沢山見かけるようになるとそこへたどり着きます。

 

クリアーウォーター

 

これが私たちが暮らす集落の名前です。ちょうどブリティッシュコロンビア州内陸部の拠点、カムループスという町からノーストンプソン川沿いの渓谷を北へ遡って行くとやがてウィスラー渓谷から続く谷との分岐点に出、そこを境にしてそれまでの内陸性乾燥気候から北陸性の湿った気候に変わります。ここでノーストンプソン川はクリアーウォーター渓谷と合流します。この谷と谷の合流地点に総人口わずか2000人ほどの集落があります。これがクリアーウォーターです。

 

こうやって聞くとどんな寂しいところなのか?というイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが夏場は世界中からの観光客で溢れ賑わいを見せ、またカナダロッキー山脈観光の拠点ジャスパーへ向かう街道のちょうど真ん中にある為宿場町的な存在でもあります。

 

もちろん、その名の通りクリアーな川は泳ぐ魚の姿が見られる程に澄んでいて、秋には毎年太平洋から長旅をしてきたサーモン達が産卵をする彼らの故郷でもあり、新鮮な空気、突き抜けるような汚れのない空が広がり、緑の豊かな里でもあります。まさに夢の様な世界ですね!

 

冬は街中の至る所で、クロスカントリースキーを楽しめ、小さいながらゲレンデも街の外れにあります。ヘリスキーやスノーモービルのメッカでもありますね。

 

  大自然の掟?

 

ま、良いところばかりでもありません。当然ながら、笑

 

雪解けの5月、6月に長雨が重なると川という川の水かさは増し数年おきに洪水被害をもたらします。そして7月、8月の乾燥期には毎年恒例ですが山火事が猛威を振るいます。時には煙に包まれて視界ゼロなんて年もありました。

 

実はこの山火事、大自然にとってはとても大切な生命のサイクルなんです。山が自らの生命を断ちそしてそこにまた新しい生命を宿していく…ということを何千年というサイクルでしているんですね。だからそこに住まわせてもらってる私達人間の方から文句は言えません。

 

冬…は当然寒いです。カナダですから。

 

しかも人間の身長ほどまで積もる雪は全てを閉ざします。そう、朝起きたら家の外に出られない!だって重い雪が積もってるから、なんてこともしょっちゅうなんです。

 

少々脅かし過ぎました?

 

 故郷

 

そんなこんなで良いとこも悪いとこもてんこ盛りですが、結局はどこで暮らしててもそうですよね?くるーあんも世界中を旅してきてそう思いました。トータルで考えてみて結局愛すべき我が故郷なんですよね、ココが。

 

ま、子供達なんかここから離れたくないって言いましたからね、引っ越したくてもできません。。。

 

そんな田舎で我が家はのんびりと生きています。

 

Sponsored Link
 

最後までお読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら是非シェアをしていただけると助かります!

 - 生活・暮らし , , , ,