ライフイズグッドな日々

カナダの山奥で暮らしながらApple製品や生活のこと、趣味、ニュースやネット、ノマド的な情報などなんでも書いてます。

熊と人間

      2015/11/21

215786_192762647432931_7001080_n

(c)kluane

 

くるーあんです。日本でもカナダでもあるいは地球上のどこの国でも、田舎で暮らしてる以上避けては通れないことがあります。それは人間以外の野生動物達との付き合い方です。

 

なぜならば、田舎、もしくは山の中や里は元々は彼ら野生動物が自由に暮らしていた場所。そこへ私達人間が侵入してきたので人間の生活圏と野生動物の生活圏とが重なり合う地域。つまりは日常的に遭遇する機会が多くなるということ。

 

しかし、私個人の意見では人間を悪いとは思いません。地球上の生命体すべては持ちつ持たれつの食物連鎖の螺旋で成り立っていると思うからです。かといって暴君になり支配顔だけはしてはいけないとも思っています。

 

 熊との共存

 

熊はくるーあんの暮らすここにはそれこそ人間の次に多いのではないかというぐらい沢山出会います。もちろん、通常はお互いが気をつけているので滅多なことでは争いにすらなることもありません。どちらかが去っていくのが通常ですね。

 

それでも、安心しきったり舐めた態度をとれば状況は一瞬で一転し、修羅場と化します。   そうです、自然界には自然界のルールがあるのです。そして私達人間もそれを尊重しなければならないと思います。

 

IMG_1304

 

一番いけないのはやはり観光で訪れた街で野生動物と出会い、食べ物をあげてしまうことです。

 

熊は特に記憶力、学習能力が高い動物ですので一度人間から食べ物を獲得すると人里に恐れもせずに出てくるようになります。私の街でも年に数頭は普通に住宅に現れたりします。最悪人間と格闘することになり、ましてや捕食などしてしまうと続けて人間を襲うようになります。

 

日本でも過去に大事件に発展したことが幾たびかありましたね。

 

私の家でもある日玄関を開けたら目の前に熊がいたこともありました。

 

また、狼の家族と出会った時には足がすくんで全く動くことすらできなかったこともありました。

 

わかっています。私たちがあなたたちの里へ邪魔しに入ってきたのだと。でも、できれば共存させて欲しいなと思っています。

 

お互いに何もなく無事なのがお互いにとってメリットですよね。

 

205786_192762577432938_6693321_n

 

万一、出会い頭に出会ってしまってしかも怒らせてしまったら。。。

 

運を天に任せるしかありませんよね。

 

絶対に熊に背中を見せて逃げ出したりしないでくださいね。間違いなく追いかけてきます。そして熊の方が間違いなく足が速いですから。

 

必ず熊と視線を合わせて、ゆっくりと遠ざかるようにしてください。そのうち向こうが根負けするのを待ってください。恐らく我慢比べになるでしょう。そして無い事を祈りますがもしも、の時には致し方無いですよね。

 

せめて熊スプレーだけは持って山に入ることをお勧めします。

 

熊スプレーはコチラから(Yahooショッピング)

 

これからも同じ地球で暮らす仲間として仲良くしたいものですね。

Sponsored Link
最後までお読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら是非シェアをしていただけると嬉しいです!

 - 生活・暮らし , , , , ,