ライフイズグッドな日々

カナダの山奥で暮らしながらApple製品や生活のこと、趣味、ニュースやネット、ノマド的な情報などなんでも書いてます。

田舎の川に架かる橋

      2015/11/15

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(c)kluane

 

この穏やかな田舎に引っ越してきて面白い発見がありました。

 

四方を山に囲まれたここクリアーウォーターはどこへ行くにも山道を縫うように走らなければいけません。舗装なんてとんでもないまだまだダートな道ばかりです。

 

そんなある日、いつもの様に近くの湖に釣りに出かけようとしましたがこの街を分断するように流れるノーストンプソン川を渡らなければいけません。

 

そこで驚く光景と出会いました。地図上では確かにここで川を渡るはずなのですが…

 

「は、橋がない!」

 

そうなんです。ここら辺は川に橋が架かっていないのでした。

 渡し舟


 

よって渡し舟が川を行き来する唯一の手段なんですが乗り場に行っても誰もいません。一体どうやって向こう岸へ渡ればいいのか、ひょっとして自分で船を動かすの?

 

なんとですね、この写真の白い犬が大きな声で吠えて向こう岸にいる船頭さんに知らせてくれるんです。そうすると向こう岸から船がゆっくりとやってきます。

 

 

そうするとイカダみたいな車2台が載るこの船で対岸まで送ってくれます。

 

対岸までの所要時間は5分ほど。あっという間に対岸へ到着します。 岸に船をつけたらエンジンを掛けて大丈夫です。

 

もう一つ、驚くことがありました。

 

この渡し舟、なんと無料です。もちろん、1日に何回乗っても。

 

地元の人々の足代わりなので当たり前といえば当たり前なのでしょうが、公共の乗り物を利用して、その運賃を支払うのは当たり前な感覚があるのでなんとも落ち着かないのでありました。

Sponsored Link



最後までお読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら是非シェアをしていただけると嬉しいです!

 - 生活・暮らし , , , ,